純国産宝絹

イベント情報

全国各地で行われる、絹にまつわるイベント情報をお知らせします。

夏休み子供教室
「カイコに会いに行こう」

生きているカイコを実際に見て触れるイベントです。体験教室(まゆクラフト作り)やミニ講習会もあり、お子さんの夏休み自由研究の参考にもなります。
ぜひご家族でお越しくださいませ。

平成30年8月8日(水)~8月12日(日)

ジャパンシルクセンター

一般財団法人 大日本蚕糸会

http://www.silk.or.jp/

岡谷蚕糸博物館 企画展
「ハカル 繭もカイコも糸も計る」

カイコを飼育する養蚕から、繭から糸にする製糸業まで、その質や重さや長さや太 さを量るためにさまざまな計器が作られ、開発されてきました。「これって何に使うの?」とフシギに思う秤を、たくさん見て、使ってみませんか。

平成30年6月21日(木)~9月2日(日) 9:00~17:00
休館日:水曜日

岡谷蚕糸博物館

岡谷蚕糸博物館 シルクファクトおかや

http://silkfact.jp/news/exhibition/insession/

岡谷蚕糸博物館
「企画展皇室のご養蚕とシルク岡谷」(仮)

皇室のご養蚕の様子や日本古来の蚕品種「小石丸」の飼育が文化財の復元に役立てられていること、また皇室のご養蚕とシルクのまち岡谷との関わりなどをご紹介します。

平成30年9月6日(木)~11月5日(日) 9:00~17:00
休館日:水曜日

岡谷蚕糸博物館

岡谷蚕糸博物館 シルクファクトおかや

http://silkfact.jp/news/exhibition/insession/

夏休みこども展(日本絹の里第83回特別展)
「学ぼうカイコ」

カイコの飼育量が全国一である群馬県。そんな群馬県にふさわしい施設として夏休みのこども達に、カイコの生態から飼育方法など、カイコの色々なひみつを紹介します。会期中、カイコの飼育セットの販売やペーパークラフト作りなど無料体験もあります。詳細はお問い合わせ下さい。

平成30年7月14日(土)~8月30日(木)9:30~17:00
休館日:毎週火曜日 祝日の場合は翌日

群馬県立日本絹の里

群馬県立日本絹の里

http://www.nippon-kinunosato.or.jp/event_info/

日本絹の里 第42回企画展
「池田重子コレクション日本のおしゃれ展・最終章」

和装コレクター・池田重子(1925〜2015)が生前最後に自らコーディネートした「日本のおしゃれ展・最終章」。きもの文化の黄金時代といわれる大正末期から昭和初期にかけての絹のきものや帯を美しいコーディネートで紹介します。

平成30年9月8日(土)~10月8日(月・祝)9:30~17:00
休館日:毎週火曜日 祝日の場合は翌日

群馬県立日本絹の里

群馬県立日本絹の里

http://www.nippon-kinunosato.or.jp/event_info/

[チャレンジ!かいこプログラム]
かいこ教室(子ども向け)

かいこの成長過程、種類、まゆ・生糸・シルクの特徴など、かいこからシルクまで一貫して詳しく学ぶことができます。

[子ども向けワークショップ]
「小さなシルクハンカチ染め体験」 7月15日(日)・16日(月・祝) 各日13:00〜15:00
「まゆ人形作り」 7月14日(土)・9月8(土)各日10:30〜、13:30〜、15:00〜
「まわたのアヒル人形作り」 8月25日(土)・9月29日(土)各日10:30〜、13:30〜、15:00〜

[シルク・サロン]
「古代神奈川における養蚕と絹」
古代の武蔵・相模における養蚕や絹生産の様相を、奈良時代における貢納物や平安時代の稲毛荘(川崎市中原区)の実態からさぐる。
8月25日(土)13:30〜15:30(受付は13:00開始)

[おとな向けワークショップ]
「くみひもストラップ作り」 9月22日(土)13:00〜15:00(当日受付)

平成30年7月28日(土)~8月12日(金)9:30~17:00(入館は16:30まで)

シルク博物館

シルク博物館会

http://www.silkcenter-kbkk.jp/museum/

「真綿の花クラフト」公募

真綿を使った、花・盆栽・ブーケ・コサージュ・花の小物などアイディアあふれるクラフト作品を募集いたします。

*繭・絹・その他の素材使用も可能ですが、必ず真綿を 30%以上ご使用下さい。
〈募集内容〉真綿を使った、花・盆栽・ブーケ・コサージュ・花小物等々
〈応募締切〉8月 31日(金)必着

一般財団法人日本真綿協会
東京都文京区根津1−16−9 タウンシップ根津 1102

http://mawata.or.jp/

「第24回真綿のヴィジュアル・アート」公募

「真綿のヴィジュアル・アート」公募は、今回で 24回目を迎えることになりまし た。「真綿」をアートの材料として捉えていただくことで、真綿の新たな可能性を見いだし、楽しい作品、心温まる作品、斬新な作品など、作者のアイディアと素材の秘めた可能性に富んだ作品を協会及び審査員一同、期待しております。この公募と公募展を通してより多くの人々が真綿に触れ親しんでいただければと思います。

〈募集内容〉平面・コラージュ /立体・オブジェ/織り染め/その他
〈応募資格〉不問 〈応募締切〉10月 18日(木)必着

一般財団法人日本真綿協会
東京都文京区根津1−16−9 タウンシップ根津 1102

http://mawata.or.jp/

きものサミット京都(和装業界関係者向けの事業です)

4年ぶり16回目のきものサミットが京都で開催されます。

〈プログラム〉
基調講演、パネルディスカッション、交流会など

〈協議テーマ〉
・和装の持続的発展のための商慣行のあり方について
・東京オリンピック・パラリンピックに向けた取組について
・きものの日の取組について
・成人式への対応について
・きもの文化のユネスコ無形文化遺産登録に向けた取組について

平成30年9月5日(水)

ホテル グランヴィア京都(JR京都駅直結)

きものサミット in 京都2018開催委員会
共催:京都商工会議所、公益財団法人京都和装産業振興財団

http://www.takaraginu.com/