蚕糸・絹業提携グループ 全国連絡協議会

イベント情報

この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は slide03-2-1024x572.jpg です
シルク博物館 所蔵品展
「描かれた養蚕 ―蚕 織 錦 絵の世界―」 シルク博物館 所蔵品展
シルク博物館では、1959年(昭和 34 年)の開館以来、幅広い分野に
わたってシルク製品とその関連資料を収集保存し、さまざまな角度からその
公開に努めてきました。そうした当館のコレクションの一つに、養蚕・
製糸・機織りを主題とした多色摺りの浮世絵「蚕織錦絵」があります。
本展では、所蔵する錦絵から選りすぐって展示紹介し、多彩な蚕織錦絵の
世界を 楽しんでいただきます。
〈会期〉4月25日(土)~6月7日(日)9:30~17:00(入館は 16:30 まで)
休館日:毎週月曜日と5月7日(木) *5/4は開館
〈主催〉シルク博物館
〈会場〉シルク博物館    
    〒231-0023 横浜市中区山下町 1 番地
Tel:045-641-0841
駒ヶ根シルクミュージアム 第2回企画展
「写真でみる駒ヶ根市の養蚕~令和を生きる、吉瀬地区 林博子さんの仕事~」
  駒ヶ根市内で最後の一戸となった養蚕農家の様子を当館学芸員が密着取材
したものを写真でご紹介します。近年では珍しい稚蚕~中蚕期の「棚飼い」と荘蚕期の「条 桑育」を行っている林博子さんの仕事と昭和中期の記録写真とあわせて展示を試みました。
〈会期〉1月 10 日(金)~5月17日(日)9:00~17:00(最終受付 16:30)
休館日:水曜日・祝日の翌日 *4/29、5/6は開館
〈主催〉駒ヶ根シルクミュージアム
〈会場〉駒ヶ根シルクミュージアム
〒399-4321 長野県駒ヶ根市東伊那 482 番地
Tel: 0265-82-8381                                 
岡谷蚕糸博物館 企画展
 「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」
繭を、生糸を、石炭を、人を運ぶ。電信・電話で情報を伝える。岡谷が
日本一の製糸業地となった背景には、インフラの整備とともに様々な
「運ぶ。」がありました。
運ぶことで見える産業の発展の姿にスポットを当てます。  
〈会期〉2020 年1月 23日(木)〜3月 31日(日)9:00〜17:00   
    休館日:水曜日・祝日の翌日、12/27〜1/3 その他臨時休館あり 〈主催〉岡谷蚕糸博物館 シルクファクトおかや
〈会場〉岡谷蚕糸博物館 〒394-0021 長野県岡谷市郷田 1-4-8          Tel: 045-641-0841
    E-mail: hakubutsukan@city.okaya.lg.jp
駒ヶ根シルクミュージアム 第 53 回企画展
「2020 まゆクラフト作品展」
毎年、春の特別展として開催を続け、今回で 13 回を迎えます。一時期
応募数が危ぶまれましたが、最高賞が市長賞から県知事賞へ格上げされた
こと、協賛を募って 副賞(記念品)の充実を図ったなどの甲斐がありまして、以前に増した技術の繭の花 や人形が多く寄せられています。今回の作品展も是非ご注目いただき、多くの皆様のご来場をお待ちしております。
(展示作品数 60 点以上予定)
〈会期〉4月 16 日(木)~5月 24 日(日)9:00~17:00(最終受付 16:30)
休館日:水曜日・祝日の翌日 *4/29、5/6は開館
〈主催〉駒ヶ根シルクミュージアム
〈会場〉駒ヶ根シルクミュージアム
    〒399/4321 長野県駒ヶ根市東伊那 482 番地
  Tel: 0265-82-8381  
岡谷蚕糸博物館
2020 シルクフェア in おかや <この日、岡谷はシルク一色に!>
岡谷市では、毎年4月29日を“シルクの日”としてシルクフェアを開催して
います。「シルク岡谷」の歴史、現在、そして未来を五感で味わって
ください。
〈日時〉4月 29 日(水・祝)9:00~16:00
〈主催〉シルクフェア実行委員会(事務局:岡谷蚕糸博物館内)
〈会場〉岡谷蚕糸博物館(メイン会場)
    〒394-0021 長野県岡谷市郷田 1-4-8
     Tel: 0266-23-3489

    岡谷絹工房・旧林家住宅・初代片倉兼太郎生家・照光寺蚕霊
    供養塔・諏訪倉庫・吉田館・レイクウォーク岡谷・岡谷聖バルバナ
    教会(工女さんが通った教会)
    *詳細は、岡谷市 HP・岡谷蚕糸博物館 HP をご覧ください。
岡谷蚕糸博物館 企画展
    「運ぶ。蚕糸業を支えたモノの流れ」
繭を、生糸を、石炭を、人を運ぶ。電信・電話で情報を伝える。岡谷が
日本一の製糸業地となった背景には、インフラの整備とともに様々な
「運ぶ」がありました。 運ぶことで見える産業の発展の姿をご覧ください。
〈会期〉2月27日(木)~5月24日(日)9:00~17:00
    休館日:水曜日・祝日の翌日 *ゴールデンウィーク中は開館、
    4/30 は休館 〈主催〉岡谷蚕糸博物館 ―シルクファクトおかや―
〈会場〉岡谷蚕糸博物館    
〒394-0021 長野県岡谷市郷田 1-4-8
    Tel: 0266-23-3489
    E-mail: hakubutsukan@city.okaya.lg.jp
岡谷蚕糸博物館 信州の作家展 Part2
  型染め ―中島久雄 小紋染めとともに―
信州の染織作家にスポットを当てる第2弾。伊勢型紙を使って、飯田伝統の染色を地域の文化として残している中島久雄氏。小紋染めの技法と作品を
ご覧いただきます。
〈会期〉5月 28 日(木)~7月26日(日)9:00~17:00
休館日:水曜日・祝日の翌日
〈主催〉岡谷蚕糸博物館 ―シルクファクトおかや―
〈会場〉岡谷蚕糸博物館 〒394-0021 長野県岡谷市郷田 1-4-8
Tel: 0266-23-3489
E-mail: hakubutsukan@city.okaya.lg.jp  
日本絹の里 第45 回企画展
「若槻せつ子コレクション 錦舞う打掛とキモノドレス」
本展では、刺繡・織り・染色・金彩など匠の手仕事が凝縮された花嫁衣裳「打掛」を展示いたします。特に、昭和のバブル期に贅をこらして作られた
逸品をご紹介し、世界に誇れる日本人の美意識の高さと着物文化の魅力を
ご堪能いただきます。合わせて、ファッションディレクター若槻せつ子に
よる、打掛をリメイクした「キモノドレス」をご覧いただきます。打掛と
キモノドレス、伝統と現代のセンスの融合を会場にてお楽しみください。
〈会期〉4月 10 日(金)~5月 11 日(月) 9:30~17:00
    休館日:火曜日 *5/5は開館
〈主催〉群馬県立日本絹の里
〈会場〉群馬県立日本絹の里
 〒370-3511 群馬県高崎市金古町 888-1
    Tel: 027-360-6300